GA4導入から3ヶ月の今

今まで使用されてきたユニバーサルアナリティクス(UA)は長い間、マーケティング施策を評価・改善するための主要なツールとして使用されてきました。

そして、GA4(Google Analytics 4)はUA分析の次世代を担うツールとして登場しました。

では、GA4ができる事と、それがビジネスにどのような影響を及ぼすのかを紹介します。

GA4の能力

具体的にGA4ができること、UAに比べて進化した能力について、まずは一覧で見てみましょう。

  1. イベントベースのトラッキング
  2. 統合されたアプリとウェブのトラッキング
  3. 強化されたユーザーエンゲージメントの指標
  4. AIを活用した予測力
  5. コードなしでのイベントの作成
  6. 新しいオーディエンスの定義とビルド
  7. データ保持のカスタマイズ
  8. BigQueryとの統合
  9. 改良されたレポート
  10. プライバシーセンタリック

この中でもマーケターが特に知っておくべき、基本的かつ重要な4つを紹介します。

  1. イベントベースのトラッキング
    ボタンのクリックやビデオの視聴といった具体的なアクションをリアルタイムで追跡ができるようになりました。それを基にした最適化やさらなる細かい分析に活用できます。
  1. 強化されたユーザーエンゲージメントの指標
    ユーザーがサイトやアプリでどれだけの時間を過ごしているのか、どのコンテンツに関心を持っているのかなど、より深い洞察を得ることが可能になりました。
  2. AIを活用した予測力
    AIの力を活用して、将来のトレンドやユーザーの行動の予測精度が高くなりました。これにより、例えばどの製品が将来的に人気になるのか、どの広告が効果的になるのかなどの展望を見据えられます。
  1. 改良されたレポート
    GA4のレポートは、UAと比較してより柔軟性が高く、カスタマイズが容易です。具体的なユーザーの行動やコンバージョンのパターンを明確に把握できます。

GA4の導入によって、企業はより高度なデータ分析を行い、その結果をもとにビジネスの成長の可能性を実現できるようになりました。

GA4が影響を与えるビジネス

・有料広告を掲載しているビジネス

これらの企業は、GA4を用いて広告キャンペーンの効果を詳細に追跡し、最も収益性の高い戦略を特定することができます。

これにより、コストを削減して、投資の回収率を最大化します。

・eコマースストアを持つビジネス

GA4を活用することで、オンラインストアはどの商品やサービスが最も注目され、どれが最も売れているかを詳細に知ることができます。

これは、商品のプロモーションだけでなく、発注調整や在庫管理においても貴重な情報となります。

・リードジェネレーションやデータベースの利用をするビジネス

GA4は、ユーザーがサイト上でどのようなアクションをとっているか、どのコンテンツが最も効果的にリードを生成しているかを把握できます。

この能力を利用して、効果的なレポーティングによる分析、コンテンツの細かな箇所の改善やランディングページの最適化、そして効果的な広告戦略の予測・設計が可能となり、結果としてリードの質と量の向上を目指せます。

おわりに

GA4は、多様なビジネスモデルを持つ企業にとって、オンライン戦略の最適化と成果の向上のための欠かせないツールとなっています。上記の例はその一部に過ぎませんが、GA4の進化は、デジタルマーケティングの未来を形作る重要な要素となるでしょう。


関連するサービス

関連記事

  1. 改めてCookie使用同意ポップアップの必要性などについて考える

  2. ダークモードに対応したメール作成方法とは

  3. GA4に切り替え後、UAで作成された既存のレポートはどうなるのか

  4. キャッシュレス決済の普及とECサイトでの導入

  5. 離脱防止ポップアップ、そのちょっとした改善案

  6. 在庫切れの商品ページを削除しないほうが良い理由とは