GA4に切り替え後、UAで作成された既存のレポートはどうなるのか

実装から3ヶ月後でわかったGA4の情報を別コラムにまとめました!→GA4導入から3ヶ月の今 | 株式会社 ジェンワイ (geny.co.jp)

2023年7月1日、UAが使えなくなる

ウェブサイトの利用状況などを把握するために欠かせないGoogleアナリティクスですが、御存知の通り、今まで使用されてきたユニバーサルアナリティクス(UA)が利用できる期間も残り少なくなってきました。

サポート終了後は、UAプロパティでは新しいデータが収集されなくなります。過去のデータについて半年の間は閲覧が保証されていますが、その数ヶ月以内にサポートが完全終了する予定で、そうなると管理画面から古いプロパティの見ること自体ができなくなります。

そうなる前に、代替ツールとなるGoogle アナリティクス 4(GA4)の導入や、過去データのエクスポートなどを今まさに進めている方も居るのではないでしょうか。(本来は6月までに導入を済ませておくのがベストですが)

Googleアナリティクスの仕組みがガラリと変わるため様々な影響が出るのですが、今まで使用していたものがまるごと使えなくなってしまう可能性が高いのが、Googleスプレッドシートを利用して自動化されている、ウェブサイトのアクセスレポートです。

アクセスレポートをUAで自動化していた場合はどうなる?

スプレッドシートを利用したアクセスレポートを作成する場合、今まではスプレッドシートに公式アドオンである 「Google Analytics」を導入することが多かったと思います。
インストール後、データ取得の範囲(日付)、計測する内容の行・列、フィルタなどを設定すれば、簡単にデータがシートに出力され、加えて一定期間ごとにデータを自動取得することも可能だったので、レポート自動化の強い味方でした。

それがGA4に移行後どうなるのか。
現時点では、アドオン「Google Analytics」をを利用したレポートは使用できなくなります。
アドオンがGA4に対応していないため,データを取得しようとするとエラーが表示されてしまうのです。

GA4でレポートを自動作成するいくつかの方法

それでは、GA4を利用してレポートを出力する方法としては、どのような選択肢があるでしょうか。
Google Apps ScriptのGoogle Analytics Data APIを利用してデータを出力する方法もありますが、スクリプトの記述が必要になるのでここでは一旦脇に置きますと、以下のような方法が考えられます。

アドオン Google Analytics™ connector by SyncWith を導入する
スプレッドシートのGA4対応アドオンです。「Google Analytics」と使い勝手は異なりますが、概ね同じようにデータ取得ができます。また、Facebook, Google Ads, Shopifyなど、様々なデータも参照可能です。
導入にあたってハードルがあるとすると、有料という点でしょうか。7日間の無料期間はありますが、それ以降は$24.99~/月~の利用料金が必要になります。
Google Cloud の Looker Studio (旧称データポータル) を使用する
Googleの提供している無料BIツールで、各種サービスのデータを読み込んでレポートとして出力することができます。GA4にも対応していますので、連動させることでGUI形式でレポートを作成可能です。
基本的な機能は揃っており、かつ計算フィールドを使用することで、元データにはない新しい指標を作成できる強みがあります。

その他に、有料のレポート作成サービスを利用することも可能ですが、現状まだGA4の仕様が固まりきっておらず、頻繁に更新・新しい仕様の追加がされている状態ですので、まだ対応が限定的なところが多いことも事実。

現状では、既存のUAと新規に追加したGA4を共存させて使用し、今のうちにGA4の利用に慣れていくのが良いでしょう。


関連するサービス

関連記事

  1. 改めてCookie使用同意ポップアップの必要性などについて考える

  2. 『Cookie規制』がもたらす広告戦略のヒント

  3. ダークモードに対応したメール作成方法とは

  4. 在庫切れの商品ページを削除しないほうが良い理由とは

  5. メールマーケティングの効果を高めるBIMI、その設定方法とは

  6. クーポンの漏洩に備えるため、最低限できること