ランディングページの重要性

入口商品の魅力が伝わらない理由とは!?

広告クリエイティブや記事広告からランディングするLP(ランディングページ)。
商品の魅力を伝え、コンバージョンへ導くために必要なページです。
ですが、商品の良さを一生懸命伝えているのにコンバージョンされないという悩みは尽きません。

良い成果を出せるLPには、3つの条件があります。

  1. 説得力のある権威付け
    成分実験の結果や有名人や専門家の評価等、この商品が良いと分かりやすく説明出来る「権威」が、顧客を引き付けます。
  2. 客観的な第三者評価
    使用者の口コミや評価のリアルな感想を掲載することで、自分もこのような体験ができるのではないか、と「じぶんごと」化することが出来ます。
  3. 魅力的な価格オファーができているか
    コンバージョンの最終的決め手となる価格。「割引」や「初回価格」等の魅力的なオファーをすることで、コンバージョンへ誘導致します。

この3つを、ビジュアルも含め魅力が伝わるようにすることが、CVRの良いLPを制作するコツなのです。

ランディングページの最適化

上記3つの要素を取り入れてみることで、LPのCVRはアップしますが、ヒートマップツールを導入することでLP内の読まれている部分、読まれていない部分を確認することが出来ます。
計測結果に合わせて各訴求ポイントの情報量やデザインを調整することで、更なるCVRの向上へと繋げられるのです。

また、LPの効率化と同様に購入までのフローもスムーズにすることも重要です。
例えば、カートページへのリンク前に価格と同梱内容を分かりやすく説明し、購入ボタンも視認性が高いものにすることで、購入まで迷いを出さないようにする等です。

そのためにもLP内の効果測定、改善は常に行う必要があります。
購入まで会話形式で進むチャット形式のLPも昨今では増えており、こちらも顧客が迷うことなく購入出来ることでCVRの向上に繋がっているのです。

LPからのCVRにお悩みでしたら、まずはCVRを上げるためのコンテンツ制作を検討されてはいかがでしょうか。


関連するサービス

関連記事

  1. 通年訴求と季節訴求とは

  2. Netflixが採用した次世代戦略:インタラクティブとは?

  3. 現代における不安を煽るコンプレックス広告の影響

  4. CTRが上がる広告クリエイティブとは

  5. ショート動画戦略における新規獲得への莫大な影響力

  6. クリックされるターゲティング設定の決め方