Netflixが採用した次世代戦略:インタラクティブとは?

『インタラクティブコンテンツ』

ユーザー参加型コンテンツは、ユーザーがアクティブに参加し、リアルタイムでの反応や結果を得ることができるコンテンツのことを指します。

Netflixは2018年12月、初のインタラクティブ映画「Black Mirror: Bandersnatch」を公開しました。

この映画は視聴者がキャラクターの選択をコントロールできる、まさに選択型の冒険物語でした。

しかし、これは単なるエンターテインメントだけでは無く、Netflixは視聴者の選択からのデータを収集し、そのデータをマーケティングの一部として利用する戦略だったのです。

では、このインタラクティブなトレンドのなんたるかを今回は見てみましょう。

1. インタラクティブコンテンツの成長

  • Demand Metricの調査によれば、インタラクティブコンテンツを実施しているマーケターのうち、88%は新規顧客獲得に「効果的だった」と答えました。
  • インタラクティブなコンテンツを実施していないマーケターの中で14%がその効果を「非常に良い」と評価しました。一方で通常のコンテンツについては、わずか4%しか同様の高い評価をしていませんでした。この結果から、インタラクティブなコンテンツの効果が通常のコンテンツの約3倍であることが示されました。

   これらの事から、マーケティング戦略にインタラクティブコンテンツを取り入れる事で、成果を最大化させる事が分かります。

2. インタラクティブコンテンツの種類

  • Hubspotの調査によるとB2Bマーケターの85%は、戦略の一部としてインタラクティブを使用しているか、使用する予定です。
  • なかでも、B2Bマーケターの62%はインタラクティブなビデオ、AR、VRです。

つまりB2Bマーケターは、様々なインタラクティブコンテンツを試し、最適な形式で戦略を展開できます。

3. インタラクティブコンテンツの採用のためのヒント

   インタラクティブコンテンツの導入は難しそうに感じるかもしれません。

しかし、2023年現在は専門知識がなくても、低コストのインタラクティブコンテンツを試す方法が増えています。

例えば、InstagramやFacebookのストーリーズを利用して、視聴者に投票やクイズを提供することができます。

初めてのコンテンツ作成であっても、手軽なツールからスタートし、高度なインタラクティブコンテンツの開発まで検討できるという事です。

おわりに

Netflixの取り組みにより、インタラクティブコンテンツの魅力が世界に轟きました。そして、これからも広告の主流となることは間違いないでしょう。

インタラクティブコンテンツはエンゲージメントを増加させるだけでなく、ブランドのメッセージも強化するための強力なツールです。

Netflixのような大手企業だけでなく、中小企業もこのトレンドを最大限に活用し、消費者のエンゲージメントを引き出す新しい戦略を築き上げることで、ブランドとの強固な関係を構築できるでしょう。


関連するサービス

  • アクイジション分野
  • インターネット広告制作
  • インターネット広告配信
  • 関連記事

    1. Cookie規制の影響を受けないターゲティング

    2. ECにおける自社カートの重要性

    3. 画像クリエイティブの精査方法

    4. コンプレックスを煽る広告の問題性

    5. 記事LPの作成ポイント

    6. 現代における不安を煽るコンプレックス広告の影響