Z世代の新しい波:数字で見るその影響力と行動

新しい時代の幕が開け、その影響はビジネスの深層にも浸透しています。この変革の中心にいるのが、Z世代です。 

彼らは伝統的なメディアとデジタルメディア、オフラインとオンラインの絶妙なバランスの中で存在しており、これがZ世代マーケティングの基盤となっています。

 Z世代の理解なくして、現代のビジネス戦略は語り得ないのです。

今回は、その特徴を改めて数字で追ってみましょう。

1. SNSがもたらすZ世代の原動力

昨今、日常の一つになった「バズり(映画、番組etc…)」「バズる」。これは、SNSを通じて話題になるということですが、それがきっかけで映画やテレビを視聴する学生が数字的にも多いことが裏付けられています。

中学生で73.8%、高校生で75.0%、大学生で69.8%。これはSNSの影響力が非常に高いことを示しています。

この事からSNSはZ世代の意見形成や行動のきっかけとなる情報源として物凄く重要という事が分かります。

2. リアルとデジタルの絶妙なバランス 

新しい映画の公開を前に、Z世代の65.8%は映画館での視聴を選ぶと「TELLER」のアンケートで明らかにされました。これは友人との共有や映画館独特の体験が背景にある。

映画鑑賞の後の友人との会話や、SNS上での共有も楽しみの一部としています。

さらに興味深い事に、Z世代が本を買う際にはオンラインでは無く店舗に訪れる割合が驚きの90%でした。

この事から、デジタル普及の中でもZ世代はリアルな体験を求めている事が分かります。

3. 高校生が最もアクティブ

 

Z世代の若者の平均的な最初のスマートフォンの入手年齢は13歳から25歳。早い年齢の段階から、オンラインに触れていることになります。これはミレニアル世代(Y世代)と大きな違いを示しています。

Googleのデータによると、Z世代の多くはオンラインショッピングをする際にスマートフォンを主に使用しています。

また、SNSの利用率が90%を超えるこの世代は、

テレビ視聴の時間が大幅に減少しており、10代、20代のテレビを見る分数は平均で100分未満。

これに対して、30代以上のテレビを見る分数は平均で100分以上あり、60代のテレビ視聴時間は270分と、Z世代との大きなギャップが見られます。

この事からZ世代をターゲットとする際のプロモーションは、デジタルマーケティングの導入が必須だということが分かります。

おわりに

映画館の暗がりでの興奮や書店の匂い、しかしデジタルと密接した日常。それらの中でZ世代は生きてきました。先ほどのデータからも、そんなZ世代の影響力と行動の特徴は鮮明です。

Z世代を無視することは、ビジネスの未来を無視する事と同義です。

今すぐにZ世代への適切なアプローチを模索し、新しい時代の流れに乗る事が求められます。


関連するサービス

  • アクイジション分野
  • インターネット広告制作
  • インターネット広告配信

  • 関連するコラム

  • ショート動画戦略における新規獲得への莫大な影響力
  • 関連記事

    1. Cookie規制の影響を受けないターゲティング

    2. 現代における不安を煽るコンプレックス広告の影響

    3. ECにおける自社カートの重要性

    4. 通年訴求と季節訴求とは

    5. 画像クリエイティブの精査方法

    6. コンプレックスを煽る広告の問題性