ショート動画戦略における新規獲得への莫大な影響力

スマホやPCの画面をスライドすると、目に飛び込んでくるショート動画。

この新しいコンテンツ形式は多くの企業に取り入れられています。

では、なぜショート動画がここまでの注目を集め、どのような影響力を持ち、アクイジションにどれほどの影響を与えているのか、

一緒にこのトレンドの核心に迫ってみましょう。

ジャンルを問わず、すべてのビジネスがショート動画の波に乗る

日テレ味の素など、日本の有名企業がこの動画形式を駆使して新しい顧客を魅了しています。不動産から飲食店、コンサル会社まで、どんなビジネスでもショート動画を活用することで、ブランドの知名度やエンゲージメントを向上させることができます。

これによりショート動画は業界を問わず、ブランドの知名度やエンゲージメント強化の強力な手段となっている事が分かります。

ショートフォームビデオマーケティングの多大なる利点

  • 高いエンゲージメント:静止画に比べ、ショート動画はより多くの反応を引き出します。
  • 分かりやすい情報提供: 短い動画は現代の速い情報消費スタイルに適しています。
  • SEO効果:サイトのランキング向上の可能性もあります。
  • 再利用が容易:各SNSプラットフォームに合わせた再編集・再投稿がスムーズにします。
  • 良好なROI:SNSでの高いコンバージョン率を実現させます。

HubSpotのレポートではビデオマーケティング担当者の中で、60%のマーケターがエンゲージメント率を最優先し、それぞれ56%と52%のマーケターがコンバージョン率とクリックスルー率を中心に考慮しています。

これらのショート動画の多くの利点はマーケティングの課題を解決できるという事です。

Eコマースの場でのショートフォームビデオのインパクト

2023年に89%の顧客が、ブランドのビデオを見て製品やサービスの購入を決意し、79%の人々がソフトウェアやアプリの購入を納得させられました。

 

 

wyzowlのデータは、現代の消費者の購買行動におけるショート動画の重要性とその影響力を鮮明に浮かび上がらせています。

この傾向は、マーケティング戦略においてショート動画を無視することができない明確な証左と言えるでしょう。

若者を中心にショート動画が高い人気

特にZ世代の間では、70%以上が毎日3時間以上のオンラインビデオを視聴しています。これは、ショート動画が今後のマーケティングで欠かせない要素であることを示しています。

つまり、Z世代向けの商品を世に示すにはショート動画が今後のマーケティング戦略に不可欠です。

効果的なマーケティングの指標としてのショート動画

動画のエンゲージメント率、コンバージョン率、クリック率、フォロワーやサブスクライバーの成長、平均視聴時間など、ショート動画の効果を計測するためのさまざまな指標が存在します。

そして、最も興味深い事実として、96%のマーケターがマーケティングビデオの最適な長さは10分未満であると考えています。その中でも1分〜3分の動画が36%と最も多く、ショート動画の需要が高まっていることが分かります。

コンテンツ戦略をする際は3分までの効果的なショート動画制作を中心とする必要があり、ターゲット層へのリエンゲージメントをより促進することができます。

おわりに

これらの事実から一つ明らかなことは、ショート動画がこれからのマーケティング業界における新しいスタンダードとなっているということです。アクイジション戦略を考える上で、ショート動画は欠かせないツールとなっています。

よって、ショート動画は絶大な効果をもたらすツールと言えるでしょう。今こそ、ショート動画の波に乗る時です。


関連するサービス

  • アクイジション分野
  • インターネット広告制作
  • インターネット広告配信

  • 関連するコラム

  • Z世代の新しい波:数字で見るその影響力と行動
  • 関連記事

    1. 記事LPと商品LPの関係性

    2. ランディングページの重要性

    3. 通年訴求と季節訴求とは

    4. CTRが上がる広告クリエイティブとは

    5. 検索エンジン、SNSのアルゴリズムとは

    6. コンプレックスを煽る広告の問題性