在庫切れ商品ページが秘めるSEOとマーケティングの新たな可能性

実は、在庫切れの商品ページはビジネスの新たなチャンスをもたらす強力なツールとなり得るのです。

商品が在庫切れとなった時にどう扱うべきか?商品がないのにそのページを維持する理由はあるのか?ECサイト運営者の多くの方がそんな疑問を抱えるはずです

では、在庫切れ商品ページという石ころが、マーケティングのダイヤの原石になるのか、その詳細を紹介します。

在庫切れ商品ページでもSEOは維持しなければならない

Googleやその他の検索エンジンのアルゴリズムは年々進化しており、2022年から2023年の間も変化が見られました。そのため、在庫切れ商品ページのSEO対策も微調整が必要です。

1. 被リンクの価値

他のウェブサイトからの被リンクが存在する場合、そのページは価値があります。この被リンクを利用して、訪問者を他の関連商品に誘導することで、オーガニックトラフィックを維持することができます。

2. 404エラーやリダイレクトの回避

ページが存在しない旨を示す404エラーは、訪問者の信頼を失う原因となります。

また、頻繁なリダイレクトはGoogleのクローラーを混乱させる可能性があります。在庫切れ商品のページはそのままにし、明確に在庫切れの旨を表示することが推奨されます。

被リンクの維持と404エラーの回避により、ウェブサイトの信頼性とオーガニックトラフィックの向上、長期的なブランド信頼を確立ができる事でウェブサイトの権威を高め、自然な検索結果からの訪問者数増加をもたらします。

ビジネスチャンスをもたらす6つのマーケティングの可能性

1. 関連商品の推薦

在庫切れ商品ページに訪れたユーザーは、すでに購買意欲が高まっている可能性が高いです。そのため、類似の商品や同じカテゴリの商品を積極的にオススメすることで、新たな購入に繋げるチャンスを逃さないようにします。

2. ユーザーレビューの保持  

在庫切れ商品でも、その商品のレビューや評価をページ上で保持することで、ブランドの信頼性をアピールできます。また、これにより再入荷時に再び注目を浴びる可能性が高まります。

3. アクセスデータの解析  

在庫切れ商品ページへのアクセスデータを解析することで、ユーザーのニーズやトレンドを捉える手助けとなります。これは、将来の商品開発や在庫調整の参考として有効です。

4. SNSマーケティングの強化

在庫切れ商品ページにSNS共有ボタンを設置し、ユーザーにその商品の再入荷情報などをSNSでシェアするよう促すことで、新たな顧客層への露出を増やすことができます。

5. FOMO効果の活用

FOMO(Fear Of Missing Out: 逃す恐怖)効果を活用して、再入荷時には「数量限定」「再入荷後すぐに売り切れる可能性がある」といった情報を伝えることで、ユーザーの購買意欲をさらに引き上げることができます。

6. 再入荷通知の最適化 

再入荷通知を希望するユーザーに対して、その通知方法をカスタマイズできるようにする(例: Eメール、 SMS、 アプリのプッシュ通知など)ことで、ユーザーの満足度を向上させ、確実に再入荷情報を伝えることが可能になります。

上記の6つの戦略は在庫切れ商品ページを単なる「商品がない」ページから、多大なビジネスチャンスを生み出すページへと変貌させるのです。

おわりに

在庫切れの商品ページは、単に商品がないというだけのページと捉えがちですが、適切な戦略と最新のマーケティング手法を組み合わせることで、多くのビジネスのチャンスを生み出す可能性が秘められています。

ユーザーの利便性や満足度を常に考慮し、彼らのニーズに応える努力を続けることが、長期的なビジネスの成功と言えるでしょう。

ような商品を提示するべきという考えかたは、覚えておいて良いかと思います。


関連するサービス


関連するコラム

  • 在庫切れの商品ページを削除しないほうが良い理由とは
  • 関連記事

    1. サステナブルなECサイトとは? その実践方法

    2. クーポンの漏洩に備えるため、最低限できること

    3. 改めてCookie使用同意ポップアップの必要性などについて考える

    4. 離脱防止ポップアップ、そのちょっとした改善案

    5. ヘルスケア市場での挑戦とビジョン

    6. GA4導入から3ヶ月の今